特集


タイ少年救出へ技術者派遣=チューブで脱出トンネル案―起業家マスク氏

2018-07-07 06:08

【シリコンバレー時事】タイ北部の洞窟で閉じ込められた少年ら13人の救出に向けて、米電気自動車メーカー、テスラの最高経営責任者(CEO)でベンチャー起業家のイーロン・マスク氏が支援を申し出た。現場の状況を確認するため、自身が率いる宇宙開発企業とトンネル掘削会社の技術者を派遣した。6日までにツイッターで明らかにした。
マスク氏は「やってみる価値はある」として、洞窟に直径1メートルのチューブを通して空気で膨らませ、脱出用トンネルをつくる案を披露。一方、タイ政府はフェイスブックへの投稿で、位置情報の追跡や水を送るポンプ、電源といった分野で、同氏から支援を受けるとの見通しを示した。
[時事通信社]

その他 特集記事