特集


処分に異議申し立て=関東学連が委員会設置―アメフット

2018-07-11 23:43

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、関東学生連盟が日本大の内田正人前監督らに下した処分に対し、異議が申し立てられたことが11日、分かった。関東学連は申し立ての内容を明かしていないが、資格剥奪処分を受けた森琢元コーチが申し立てたとみられる。同日東京都内で開いた理事会で、異議に対応する委員会の設置を決めた。
日大選手が関西学院大の選手を危険なプレーで負傷させた問題で、関東学連の規律委員会は内田氏らの指示があったと認定。6月26日の社員総会で処分が正式に決まり、書面を受け取ってから1カ月間が異議申立期間だった。
委員会に外部の第三者は入らず、関東学連の理事で構成。判断の期限などは設けていない。
[時事通信社]

その他 特集記事