特集


「感動、勇気与えてくれた」=国民栄誉賞の羽生選手に―鈴木長官

2018-07-02 21:00

スポーツ庁の鈴木大地長官は2日、文部科学省で記者会見し、国民栄誉賞を受賞したフィギュアスケート男子の羽生結弦選手について「東日本大震災による被災や、大きなけがという大変な困難を乗り越えての五輪連覇。多くの国民に大きな感動、勇気、社会に明るい夢と希望を与えてくれた」とたたえた。
冬季競技からは初の受賞に、鈴木長官は「わが国のウインタースポーツ振興の観点からも大変意義深い」と強調。4回転半ジャンプ挑戦を表明するなど意欲的な羽生選手に対し、「国内外に影響力のある傑出した選手。まだまだやる気十分とお見受けした」と一層の活躍を期待した。
[時事通信社]

その他 特集記事