特集


日大選手と示談成立=被害選手の父が明らかに―悪質タックル問題

2018-06-01 10:37

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、被害を受けた関西学院大の選手の父親、奥野康俊さんは1日、日大選手との間で示談が成立したと明らかにした。自身のフェイスブックに「双方の代理人を通じて、示談が成立することになりました。(日大の)宮川選手の今後の人生を応援したいと思います」とつづった。
公開された示談書は5月31日付で、示談金は30万円。奥野さんは交通費や記者会見会場費用などで、弁護士費用は含んでいないと説明している。
[時事通信社]

その他 特集記事