特集


人目少ない夜待ち遺棄か=逮捕の男、現場に土地勘―小2女児殺害事件・新潟県警

2018-05-15 13:07

新潟市西区の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された小林遼容疑者(23)は現場周辺に土地勘があることから、夜になるのを待ち、人通りの少ない場所を狙って大桃さんの遺体を遺棄した疑いのあることが15日、分かった。新潟県警新潟西署捜査本部は、大桃さんが連れ去られてから遺体で発見されるまでの詳しい経緯を調べている。
捜査関係者によると、大桃さんは7日午後3時すぎに友人らと一緒に下校し、友人と別れ一人で帰宅する途中、行方が分からなくなった。遺体の状況から、連れ去られた後、間もなく殺害されたとみられている。小林容疑者が遺体をJR越後線の線路内に遺棄したのは午後10時19〜30分ごろとされる。
小林容疑者は遺体発見現場から数十メートルの場所に住んでいた。現場近くは夜になると人通りがほとんどなく、列車の運行間隔が空いていることなども把握していたとみられる。
捜査本部は、小林容疑者が人通りの少なくなる夜まで待ち、列車が通らないタイミングを見計らって線路内に遺体を置いた可能性が高いとみて捜査。遺体をどこに保管していたかなど遺棄の経緯や動機について解明を急ぐ。
捜査本部は15日午後に同容疑者を送検した。
[時事通信社]

その他 特集記事