特集


「国の駆け引き、胸痛む」=米朝会談前に、横田早紀江さん―東京

2018-05-17 17:30

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母早紀江さん(82)が17日、東京都内で集会に参加した。6月12日に予定される米朝首脳会談の中止をちらつかせる北朝鮮の動きを踏まえ、「国同士の駆け引きがどのようになっていくのかと、胸を痛めている」と語った。
早紀江さんは米朝会談を前に「あまり喜び過ぎてもいけないので真ん中にいられるように」と、平静を保とうとする心境を明かした。その上で「長い時間かかったが、神様が何かをなさる時がきたんじゃないか」と期待した。
支援団体「救う会」の西岡力会長(62)は「全被害者を一括してすぐに帰さなければ日本は動かない。また何人かしか帰さなければ明るい未来はないと、北朝鮮に伝え続けるしかない」と述べた。
[時事通信社]

その他 特集記事