特集


米中貿易摩擦

G7サミットが開幕=米輸入制限、紛糾も―対北朝鮮は結束

2018-06-09 01:28

【シャルルボワ(カナダ東部)時事】先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)はカナダのシャルルボワで8日昼(日本時間9日未明)、2日間の日程で開幕した。焦点の米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限について、米以外の6カ国が強く反発しており、議論は紛糾が予想される。北朝鮮の非核化ではG7の結束を確認し、史上初の米朝首脳会談を成功に向けて後押しする。
初日の討議は経済分野からスタート。米国を除く6カ国の首脳は、自由貿易を推進する立場から、トランプ米大統領に方針転換を促す見通し。安倍晋三首相はG7の対立激化に懸念を示し、自由で公正な市場の維持を訴える。
[時事通信社]

その他 特集記事