特集


中国、農産物巨額輸入で譲歩=米赤字減目標は溝残る―貿易協議

2018-05-19 12:08

【ワシントン時事】米国と中国が「貿易戦争」回避に向けワシントンで行った2回目の公式協議が18日、終了した。中国は米国産農産物や液化天然ガス(LNG)の巨額輸入や金融分野の規制緩和などを受け入れることで譲歩したが、トランプ政権が強く要求する対中貿易赤字を2000億ドル(約22兆円)減らす数値目標の導入をめぐっては折り合えず、決着を先送りしたもようだ。
2日間の協議に参加したクドロー米国家経済会議(NEC)委員長は18日午後、米テレビのインタビューで、米中貿易不均衡の是正に向けて中国側が、農産物の関税撤廃・引き下げやエネルギーの輸入拡大に応じる姿勢を示したと明言した。中国企業との合弁金融機関に対する外資出資比率上限の引き上げも提案したとみられる。
協議では、今春から米中間で輸入制限や制裁の応酬が激化したことを踏まえ、互いに措置の撤回を引き出せるかも焦点となった。米政権は、中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁見直しを事実上受け入れた。中国は米国産穀物のコーリャン(モロコシ)に対する反ダンピング(不当廉売)調査の打ち切りを発表しており、一部で歩み寄りも見られた。
[時事通信社]

その他 特集記事