特集


仮想通貨

仮想通貨交換業、初の登録拒否へ=マネロン対策不備―金融庁

2018-06-05 21:31

金融庁は5日、改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録審査中の「みなし業者」であるFSHO(横浜市)について、登録を拒否する方針を固めた。マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの不備を指摘したが、是正されなかったため。みなし業者への登録拒否は初めてとなる。
金融庁は同社に対し、4月までに2回にわたり業務停止命令を発出。7日の業務停止期限を迎えた後も営業継続を認めず、申請を取り下げなければ登録拒否に踏み切る。
昨年4月施行の改正資金決済法は、仮想通貨交換業者に登録を義務付けた。ただ法施行前から営業していれば、登録審査中であってもみなし業者として業務を認めている。
[時事通信社]

その他 特集記事