ニュース

一覧へ

ニュース

錦織、4強ならず=フェデラーも敗退―ウィンブルドンテニス

2018-07-11 23:55

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第9日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第24シードの錦織圭(日清食品)が第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3―6、6―3、2―6、2―6で敗れ、日本男子で85年ぶりの4強進出はならなかった。
 錦織は第1セットを落とした後、第2セットを奪い返したが、その後はミスが続き、押し切られた。ジョコビッチは優勝した2015年以来の4強入り。
 第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)は第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)にフルセットの末敗れた。 

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

大谷翔平

得点王列伝

アリーナ・ザギトワ

イバンカさん


写真特集一覧へ