ニュース

一覧へ

国際ニュース

ポンペオ米長官、「2年半以内」非核化を=軍事演習中止は交渉継続前提

2018-06-14 09:54

【シンガポール時事】訪韓中のポンペオ米国務長官は13日、北朝鮮の非核化について、「大規模な軍縮を2年半で達成できると希望する」と述べ、トランプ大統領の任期の2021年1月までに非核化の大部分を完了したい考えを示した。ソウルで記者団に語った。トランプ氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が12日の会談で署名した共同声明に盛り込まれなかった非核化の期限に初めて言及した。
共同声明には、ポンペオ氏が「米国が受け入れられる唯一の結果」としていた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」が含まれず、「完全な非核化」という文言になった点について、「『完全』には検証可能と不可逆的が含まれている」と強弁した。その上で、共同声明に含まれていない合意事項もあると述べた。
また、トランプ氏が明らかにした米韓合同軍事演習の中止について、建設的で誠実な交渉が行われることが前提条件で、前提が崩れれば「中止は無効になる」と指摘した。
ポンペオ氏は来週にも米朝高官協議を行う意向を示した。非核化に向けた具体的な取り組みについて話し合いを始める。
[時事通信社]

その他 国際

国際一覧へ

写真特集

始球式

水着ショー

大谷翔平

米アカデミー賞


写真特集一覧へ